ROLAND KC-100改
Vo兼Bass用(60W)



REXER JAM-10改
Gt用(30W)
ストリートライブ用機材
秋葉原で活動してきたGANG BANG PARTYの
ストリートライブ用のアンプです。
大出力の充電式アンプが市場にないので
既存のアンプをバッテリ駆動式に改造した。
                 
 

 
キャビネット内の底部には12V5AHバッテリー× 2個とAC駆動時用のSW電源、急速充電器搭載。 


特製トランス(自作)

Phantom給電部




左上は30Wのメインアンプ。            
元は20Wだったがあまりに音がチープ
だったので パワーアンプを交換して  
電源もDC18Vにアップして30Wとした。
ケース中央の基板がDC12VをDC18V 
に昇圧するDC-DCコンバーター。    
左端ALケースはマイク入力(XLR)用  
のステップアップトランス。

60Wアンプでは消費電力が大きく
電源電圧が12VではスイッチングIC
の許容電流をオーバーするので
電源をDC24Vとした。
右下の基板がバッテリーのDC24Vを
DC±36V、+48Vに変換するDC-DC
コンバーター。 あと4chのうち1chを
楽器入力用にハイインピーダンスの
ブースター回路も追加しました。
後部から見る。下部両端がそれぞれ
6V6AHのバッテリー。直列でDC12V 
を供給する。   中央が30Wのメイン
アンプ。 出力を30Wにアップ
するにあたって、 SPユニットの交換と
キャビネットの補強を行った。
       

Miniアンプ
BOSS MA8(改)    


EWI 練習用のBOSSのMA8 
EWI4000になって電池駆動に
なったのでアンプも充電式に。
でも 今はアコギ練習用。。。


MA8のなかでもMIC入力の
ついた後期のAVタイプです。    

中味:電源トランスをはずして代わりに
DC-DCコンバーターとNH充電池を搭載。

EWIは別のアンプがあるし、アコギ用に
したけど、うちで弾くのにアコギには
アンプはいらんかった。。ギターは
タカミネにPUとアンプ追加したヤツ。

エフェクター    

回路から設計してみようみまねで
つくってみた。   中身はともかく
例のとおり外見至上主義だね。  


コンプレッサーをつくってみた。

基板、定番ICのCA3080Eを使用

表面の仕上げ
 

もどる  

           Boat Desgin Office はっぴー☆クルーザー